忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「黄泉がえり」

  • posted at:2006-06-24
  • written by:amoeba


梶尾 真治

黄泉がえり



映画になって、しばらくしてから「え?作者梶尾真治なの?!」と驚いた作品(笑)。
だって映画のイメージからしたら(観てません)こんな話書くの??って感じだったし、当時全然新作がなかったから本屋行っても探すこともなくなっていましたし。どうやら1度家業に専念し、出戻ったらしいという話・・・。

で、内容は・・・
主人公が誰だかわかりません
見方によれば全員主人公。でも多分「彼」なんだろうけど。

おおざっぱなあらすじはというと、
熊本を舞台に次々と死んだ人が生き返って(黄泉がえって)きた影響で生きていた人間が良い方へと立ち直り、地震とともに去っていく・・・こんな感じでしょうか??

前半読んでいて泣きそうになり、後半でまたうるっときて・・・
コレ、電車の中で読む本じゃないな。

でもこの作者らしく、やっぱりSFだった。

映画版は観てませんが、多分個人的には原作の方がおもしろいと思います。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

プロフィール

HN:
amoeba
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1974/12/17
職業:
フリーター
趣味:
競馬(特に予想)
自己紹介:
仕事は物流関係で、甲状腺(バセドウ)とリウマチ闘病中!!たまに趣味の話


※4角・・・4(最終)コーナーの事。

 

フリーエリア

 

最新コメント

(09/18)
(09/12)
SEX
(09/09)
(09/08)
(09/08)

 

ブログの評価 ブログレーダー

 

QRコード

 

ブログ内検索

 

カレンダー

07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31