忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

汚いオヤジ2

  • posted at:2006-09-02
  • written by:amoeba
いつものように、帰りの電車の中端っこの席に座って爆睡していた私。朝の下り電車なので空いていて、まあだいたい毎日満席になることはない。

足に何か当たって目が覚めた。

隣に座ったオヤジが私の足を(オヤジの)足で押している・・・?
私は薄目を開けて様子をうかがった。まわりに開いてる席はあるのに何故私の隣に窮屈そうに座ってきたのか?・・・別に足は肩幅程度にしか開いてないし、幅取ってるわけでもないし、寝崩れてだら~んとしているわけでもない。

疑問に思っている間もオヤジの足攻撃は激しくなる。

あの~、私は終点までおりませんから端っこ座りたいなら他をあたって下さい。

そう、言いたかった。
起きない私に腹が立っているのかたださわりたいだけなのか、今度は私の足(ひざ、です)とオヤジの足の間に手まで入れてきた!

なんか今そのタイミングで目を覚ますのもムカツクんで、まだ寝たふりしていた。

こいつ、何がしたいんだろう?

途中、大きめな駅(人の乗り降りの多い)で起きたふりをしてチラっとそのオヤジを見た。

少し浅めに座って斜め前を向いていた。
若干、こっち向きだった。

ただ、言っておきたいのは、私はジーパン。髪は(仕事明けだし)ボサボサ。ノーメイク。見た目もお世辞にも・・・。

痴漢?スリ?

いや、どう見ても薄汚い、でも腹の出たサラリーマン。

私が起きてからは攻撃してこなくなった。
・・・私が睨みつけてるから(笑)。

そっぽ向いて「オレ知~らない」という感じ。
一体ナンなの?そう言ってやりたかった・・・。言えば良かったか・・・?見れば手が汚れている。こんな手で触ってたのか!ジーパンごしとはいえキモイ・・・。

そして一緒に終点でおりました。
私の方が背が高かったので、上から睨みつけてみました。知らん振りしてやんの。こんなオヤジが会社で働いてんだ・・・。ろくなもんじゃねえ。

拍手[0回]

PR

汚いオヤジ1

  • posted at:2006-09-01
  • written by:amoeba
変な夢を見ていた。

知らない女性の家で私は何者かから匿ってもらっていた。その家は3階へ続く外階段があって、その先は仕事場だと知らない女性は言う。私は興味半分で仕事場を見せてくれと頼んだ。

・・・そこは見たこともない生き物が生息する不思議な世界につながっていて、仕事場までは少し歩く・・・すごくそこに行きたかったのに・・・

ピンポーン

「○○さ~ん!○○さ~ん!」

ピンポーン

「○○さ~ん!○○さ~ん!」

・・・現実の世界に戻された。
普段は来客があっても無視。公共料金の未払い分の請求か新聞の勧誘か宗教の勧誘しか来ないからである。

と、いうわけでまた寝ようとした。・・・が。

ん?公共料金か??!
前に無視していたら電気を止め出した事があったので、それはたまらない、と返事をして玄関を開ける(すっかり公共料金だと思ってた。無用心!!)。すると・・・

「表の商店街の△△と言いますが、新聞取りませんか?」

は?(`д´)?

私「結構です」

△「安くてもダメですよねえ?」

私「結構です」

そういうと△△はまた名乗って帰って言った。
ドアを閉めてからフツフツと怒りがこみ上げてきた。出勤前の貴重な睡眠時間を途中で起こされ(起きる1時間前!!)、知らないオヤジがこっちの名前を大声で呼び、新聞だぁ?商店街だぁ?

・・・どこに商店街なんかあるよ。

不愉快極まりない。
こっちは昼寝中の主婦じゃねえんだ。散々外で名前叫びやがって新聞?勧誘なくせにアロハシャツだよ?口の周りに何か白いものつけた汚いオヤジだよ?寝起きに電気止められちゃたまんない!ってでたらそれだよ?オヤジの顔が頭にこびりついて残りの1時間眠れないし。夢の続きは気になるし。

それが、うちにしか来てないみたいだった・・・。
深読みしだしてもしかして泥棒だったのかもしれない、とか考え始めてしまい・・・。あ~コワイコワイ。今度から誰か確認してから開けないと。刃物持ってたら殺されちゃう。

でも表札も郵便物もポストに入ってなかったのに何で名前知ってたんだろう?電話も携帯だけだから調べることもできないハズなのに。

・・・ほんとうに泥棒??

拍手[0回]

同じ名前のオンナ2

  • posted at:2006-07-29
  • written by:amoeba
いつもより2本遅い電車に乗った。
いつもの席でいつものように寝ていたら帰宅ラッシュの中、幼い女の子の声が。目をつむっていたのだが、どうやら私の目の前に立っているよう。

「手すりにつかまりたい!」
「ダメよ、お母さんの方向いてなさい、混んできたでしょ!」
「やだ~」
「こら!○○○!」

・・・へ?目を開ける。
またこのコか・・・。ほんとに落ち着きがなくてわがままで人に迷惑なところなんかそっくりだな。

私のすぐ横のてすりにつかまっているのだけど、そのコの体が私の軽く開いた足(ジーパンなので)の間にがっしりとはまってる。その状態で暴れる。しゃべる。

うるせーよ!!○○○!!(あ~、伏字取りたい・笑)

拍手[0回]

同じ名前のオンナ

  • posted at:2006-07-19
  • written by:amoeba
電車の中で睡眠をとっていたら、私の周りで騒ぐ女の子がいた。その子もうるさいのだけれど、叱る母親もうるさい。

「○○○(女の子の名前)!静かにしなさい!」
「○○○!こっちにいなさい!」

もう眠る場合ではないので寝たふりをしつつも観察・・・。

女の子は電車が駅につきドアが開くたびに外に出ようとするらしく、母親に「危ないからやめなさい」と叱られる。かといってしばらく降りる気配はないのにドア付近に立っている。奥に入ってしまえばいいのに?なんて思う。とにかく私には迷惑だった。

私がこの親子に興味を持って観察していたのは睡眠を妨害されただけではなく、女の子の名前が、

職場で敵対している女(前に愚痴の中に出てきた)と同じ名前

だったからで(笑)、まあ落ち着きのないところなんかそっくりでした。将来が思いやられます

拍手[0回]

プロフィール

HN:
amoeba
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1974/12/17
職業:
フリーター
趣味:
競馬(特に予想)
自己紹介:
仕事は物流関係で、甲状腺(バセドウ)とリウマチ闘病中!!たまに趣味の話


※4角・・・4(最終)コーナーの事。

 

フリーエリア

 

最新コメント

(09/18)
(09/12)
SEX
(09/09)
(09/08)
(09/08)

 

ブログの評価 ブログレーダー

 

QRコード

 

ブログ内検索

 

カレンダー

04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31