忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オールライダー 対 大ショッカー

  • posted at:2009-08-16
  • written by:amoeba
感想をね・・・

ネットの評価読んでると酷いw

何か書くとネタバレになるのでおおまかに書くと、

ストーリーは矛盾だらけ。

だけど主人公クラスのライダー勢ぞろい。

勢ぞろいさせたい、ってのがこの映画の目的なのでそれを見に行くってわりきって見るのが正しいかと・・・

PS2のゲーム(競馬ブログ参照)の最終回から推理するに、いろんな世界が入り混じってる物語だから最終回もいくつかあっても良い、という考え方なのかも・・・?

テレビ版の最終回まであと・・・2回?3回?

映画よりゲームに近い最終回でありますように。

って、映画の話全然してないね。

テレビ版とリンクしてないのが不満と言えば不満。

アマゾン編の真ん中で公開してんのに映画のアマゾンの声違う人だし。


大人の方はスルメとビールで観ましょうねw

拍手[0回]

PR

超仮面ライダー電王&ディケイド

  • posted at:2009-05-05
  • written by:amoeba
題名が長いw

佐藤健くんを抜いて新しい世代でスタートした新しい電王。

内容はどこを語ってもネタバレしそうなので・・・・


とにかく、観て!!

電王全編、映画(俺誕生・クライマックス刑事・さらば)を見たら見ただけ楽しめます。

息つくヒマなし。

そこまでやるか。

それむちゃくちゃだろ。

33分探偵かっっ

そーくるか。

電王の映画は「DVDでまた見よう」と思うのですが、今回は

もう1回誰かに「劇場で見ない?」と言われたら見てもいいな、と思いました。

てんこもり。

拍手[0回]

容疑者Xの献身

  • posted at:2008-10-08
  • written by:amoeba
献身と入力しようとしたら「検診」と変換された。

まあ、確かに病院ネタ多いからな(笑)。

またも私史上初の2日連続映画鑑賞であります。

土曜日に電王観て、日曜日にガリレオ観ました。


で、昨晩テレビスペシャルΦを(ビデオで)観まして・・・

ガリレオ「湯川学」のキャラクター(小説は読んでいないのでテレビ版としての)が確立されたような感じになりました。

わからないのが面白い。

恋愛は方程式になればわかるのに。

テレビスペシャルではコウちゃんがいないので代わりにまさみちゃんが出たり、といかにもフジっぽい演出でしたが面白かったです。

映画は(これも読んでないからよくわかんないけど)小説とは違った目線で作られててもしかしたら「普通の殺人事件」風になってるかも。

それにしても、この人の作品は人の命に重みがない。

殺されるのはだいたい「殺されてもしょうがないくらい悪いヤツ」でささやかな幸せを守るために殺るんです。

最後は犯人に涙したりなんかして?

そこがね、ちょっと嫌です。

基本的には湯川の謎解きとコミカルなやりとりが好きです。

拍手[0回]

さらば仮面ライダー電王

  • posted at:2008-10-06
  • written by:amoeba
公開初日に映画を観るなんて、私史上初です。

ライダー史上初な3作目、「さらば仮面ライダー電王、ファイナルカウントダウン」

レイトショーで観たんですが、大人ばっかり(笑)

中身を説明すると、

とにかくてんこもり。

わ~い、またみんなに会えた~!

てな感じです。

今回は良太郎の孫、が出てくるわけでコンセプト的には普通。

もう1つは「絆」。

良太郎とモモちゃんの。

「やっぱ、こうでなくっちゃ♪」

みたいな、子供に戻って楽しく観られる部分でした。

最後に「さよなら」するつもりで行ったんですけどね。

けどね。

電王の最後はいつも笑顔です。

拍手[0回]

パコと魔法の絵本

  • posted at:2008-09-19
  • written by:amoeba
映画は映画館で、な相方。

別にテレビでも、な私。

わりとゴロゴロしながら見たいんですよね。

で、まぁ
また乗り気ではなく観に行ったのが

「パコと魔法の絵本」

元は舞台です。
初演された時に映画化の話はきてたのに原作と変えられるのが嫌で断っていたとのこと。

テレ東と中島監督が「原作通り作る」と約束して作られた作品だそうです。

テレ東だった意味がわかった気がします。

お話の中身は相変わらず語りませんが、

独特の原色の世界。
まばたきしてると見逃しちゃう宝石箱(笑)。
細部にこだわった映像美。
顔(知名度)で売れるのに最初誰かわからないくらいメイクされた某俳優。
阿部サダヲ。

そしてお話も素晴らしい。

映画自体が絵本の世界でした。

乗り気なく観に言ってこう言うのも何なんですけど、

映画館で観て、もう1回観るかDVD出たらもう1回観たくなる映画です。

おまけ。

女子高生が集団でいたんですけど、阿部サダヲが出てくるだけで大爆笑してたんですが…

そんなに人気あるんですね…私らはそんな女子高生にウケてました。





拍手[0回]

プロフィール

HN:
amoeba
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1974/12/17
職業:
フリーター
趣味:
競馬(特に予想)
自己紹介:
仕事は物流関係で、甲状腺(バセドウ)とリウマチ闘病中!!たまに趣味の話


※4角・・・4(最終)コーナーの事。

 

フリーエリア

 

最新コメント

(09/18)
(09/12)
SEX
(09/09)
(09/08)
(09/08)

 

ブログの評価 ブログレーダー

 

QRコード

 

ブログ内検索

 

カレンダー

03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30